古民家再生・改修リフォーム

古民家リフォーム (千葉県市原市)

スズキ建築設計事務所では、古民家の改修・再生リフォームを行っています。
築70年近い古民家をリフォームした施工例をお客様より頂いた文章と共にご紹介致します。

古民家再生・改修への経緯

ハウスメーカのモデルハウス巡りで、高額の割に集成材やクリティカルボード、パーチクルボードなどを使用した家々に魅力を感じられず、昔の日本の本物の木を使って建てた頃のいわゆる「古民家」に興味を持つようになってきました。

そして古屋を購入しリフォームをする事に…

完成してのお客様の感想

ホゾ穴を丁寧に埋木されたケヤキの柱が、薪ストーブの炎に照らされて飴色に輝いています。長い年月、家を支え続けて来たこの梁や柱たちが、美しい姿で蘇りうれしそうに佇んでいるように見えます。
他人の手に渡っていたら、今頃は壊されて廃材となる運命を辿っていたかもしれないそんな古材たちが、建築家、職人たちの手により、新たな命を吹き込まれて、目の前に見事に蘇っています。

費用面を考えた時、新築にしたほうがよかったのではないかと考えた事もありましたが、本当にあの家を改修する決断をしてよかったと今は、心から思っています。古材にしか出せない味わいと深みに、この存在感にコストを払ったのだと目の前に広がる光景を見て納得しています。
お世話になったスズキ建築設計事務所の皆様、大変ありがとうございました。

特に良かった点

信頼できる建築家との出会いが出来た事。資金面や家づくりの進め方、シックハウスについてなど参考になる情報がたくさんあり、また内装や庭づくりについても相談させて頂き大変参考になりました。

設計事務所に対して

古民家改修という特殊なケースだったので完成までは想定外の事が数多くありましたが、次々に出てくる難問に対し最後まで誠実に対処して頂きました。築70年近い古屋でしたが、自分達が想像していた以上の愛着の沸く素敵な家に変身しました。
遠い現場でしかも真冬の大変寒い時期に大工さんも大変だったと思いますが、丁寧な仕事をして頂き感謝しております。またドッグルームは予算の関係で仕上げなしで石膏ボード張りまでとして後は自分達で施工しようとしたのですが、左官屋さんが漆喰の材料とコテ、手板、攪拌機などをくださり、石膏ボードのジョイントテープまでして頂きました。

契約に至った要素を3つ挙げるとしたら何でしたか?

  • 本物の無垢の木を使った施工をされていた事
  • プランが魅力的立ったこと
  • 経験豊富な建築家、信頼できるお人柄