• 介護を考えた平屋の家
  • 門からのアプローチ/段差のない玄関
  • 段差が無くつながる各室
  • リビング全景
  • 車椅子の使える浴室・洗面所・トイレ

介護を考えた平家の家

千葉県市川市 (2015年)

40年前のお客様より、再びご縁をいただきました。介護のことを第一に考え、より健康を意識したお住まいです。
玄関ドアをスライド式にすることで、ご自分の力でスムーズに出入りが可能になります。各お部屋の段差がなく、ドアは上吊りのレールにすることで、開け閉めもよりスムーズで安全です。リビングには、ガス温水式床暖房を設置。ガス温水式床暖房は、ゆっくりと床面温度が比較的均一に暖まり、また低温やけどしにくいメリットもあります。
照明にも配慮しており、直接光が目に入らないよう間接照明にしました。トイレ、お風呂は、車椅子でも十分に回転ができるほどの広さを確保しました。
無意識に癒されたり、気分がいいと感じる波長「1/F」の揺らぎ。この揺らぎは、木目にもあり木目の不規則感が心地よく心を落ち着かせ癒してくれます。