木工事のこだわり

軸組み工法(在来工法)

軸組み工法(在来工法)

最も一般的で高温多湿の日本の気候風土にピッタリ

木造軸組み工法とは、コンクリートの基礎の上にアンカーボルトで固定した土台を載せ、その上に柱を立て、水平に渡す梁や桁、斜めに止める筋交いなどを組み合わせて家の骨組みを造り上げる工法のことを言います。つまり、縦・横・斜めの木の軸で造った小屋組みを躯体とするつくりです。

これらをほぞや金物で結合したり、継手でつなぐためには、ある程度の熟練した技術が必要で、腕の良い大工や職人達と一緒に取り組んでいます。

構造的制約が少ないので、和風・洋風・和洋折衷などデザインや間取りが自由で、増改築も容易。また開口部が大きく広く取れ、いくつもの部屋を連続させているので、戸や襖、障子を開ければ屋外と屋内が一体化でき、2~3室を広い空間の1室としても使えるなど、優れた柔軟性、開放感も特徴で日本の文化に合っていると言えます。

昔ながらの木組か金物主体か?

建築基準法はもとより、最近の性能表示などの新法でも、在来軸組み工法でも2×4工法でも、羽子板ボルトなどの金物、主体の家づくりで必要強度・数値・性能があればよいという考え方が基本になってきています。しかし、無垢の木は生きもので、日本のような高温多湿の気候では木に開けたボルトや釘の穴が大きくなって効かなくなったり、金物が錆びて木を腐らせたりするので、「全輪継・蟻継・鎌継・追掛け大栓継」や「合欠け、重ほぞ」などの昔からの木組技術も一部に活かし、金物はあくまで補強材として使うべきだと思っています。

金物頼りの工法は、新築当初はよくても、時間が経つに従い問題がでてくることがあり、多くの解体業者もそのことを指摘しています。大工・現場実務者・経験者の意見は大切です。法隆寺の宮大工の故西岡常一棟梁も、法隆寺や他の古寺の解体・修復の中、それを著書の中で強く指摘しています。

宮崎杉

家の構造に用いる木材は?

構造材には国産の無垢材だけを使用。輸入材や集成材は使用しません。

高級材では、ヒノキが使われる。人気の素材としては、杉がよく用いられる。スズキ建築設計事務所では、産地の明確な「飫肥杉」、「宮崎スギ」の無垢材を使用します。構造用集成材の柱が多く使われているが、「はったモノは剥がれる。」と心配するようにドイツと中国製の構造用集成材に剥離事故が発生している。また、ホワイトウッドの集成材に至っては、日本の高温多湿の気候から、腐食や白アリ被害が多く発生し、薬剤漬けにしたり、別の材に変えたハウスメーカーもある。「飫肥杉」は、木材そのものに、天然で人体に全く害のない「殺蟻成分」があるスギ材です。

無垢の梁材

飫肥杉(おび杉)の無垢の梁材が基本です。

集成材の梁材は耐久性や安全性の問題から使用しません。

梁とは上方からの荷重を支える横架材のこと。スズキ建築設計事務所では、軸組工法の梁の骨組みをデザインとして見せ、ダイナミックな空間造りにしています。住宅の建築に使用する木材と云うことで考えた場合、私たちは、構造材として集成材は使用しません。構造材の場合は、家族の生命財産を地震や台風などの災害に頑強に耐えても、見えない部分に「貼ったものはいつか剥がれる」のではという不安のある材料を使うことは出来ない。化学物質の問題と同じように不安のある建材は使わないという姿勢の為、基本的に国産材の無垢材を使います。それに変わるものがないという場合は、仕方なく集成材を使用しますが、住宅の構造材で集成材をしたことは今までありません。

杉

耐久性60年以上の住まいづくり

柱は国産材の杉、桧材、芯持ち材が基本です。

木造住宅は、ほかの素材に比べ耐久性が劣ると勘違いされる場合がよくある。しかし、日本で一番古い建造物・法隆寺は木造。建てられてから1300年以上にもなる。ヒノキは、その成育年数と同じだけの寿命があるといわれ、千年の木なら千年、二千年の木なら二千年もつといわれる。ヒバ・スギ・松・ケヤキなどの本来の寿命も、鉄の寿命200年よりはるかに長いといわれている。また、柱の太さによる家の寿命の目安は、3寸(9cm)角を1とするなら、3.5寸(10.5㎝)角が2倍、4寸(12cm)角が3倍といわれている。一本の木が切られて、柱になり、そこに新しく苗木を植えて、成木になり柱が取れる以上住まいの耐久性がなければ、循環型の環境配慮の住まいづくりと森林資源の保護になりません。私たちは、それらを考慮した家づくりを実践しています。昔から,木造住宅の柱の太さと耐用年数との相関がいわれ図は関係を示しているので参考になる。

柱の太さと家の耐用年数との関係

木造住宅耐久性の手引き・日本・木材技術センター編』丸善(株)より

国産材か輸入材か?

産地の明確な顔の見える国産木材しか使用しません。

日本は、世界第2位の先進国ですが、森林資源も豊富で、スウェーデンやフィンランドと同じぐらいのトップレベルの森林率を誇る緑豊かな国なのです。森林資源の木材の総蓄積量も、約31億立方もあり、森林資源の年間成長量だけでも8~9千万立方もあり、日本の年間総木材使用量は、約1億立方なので、上手に使用することにより、他国に森林資源を破壊せずに、将来にわたり森林資源を持続していくことが出来るのです。

しかし、現状は、自国には、有り余る森林資源があるにもかかわらず、他国の森林資源を伐採し、輸送コストや、輸送エネルギーを掛け、木材には、環境や人体に影響のある燻蒸処理をして日本の気候風土の高温多湿で腐れ易い木材を、さらに、製造エネルギーを掛け、人体に影響のある接着剤で集成材にして、日本の住宅の構造材として使用されているのです。国産材の利用は、18%以下になり、活用する木材がたくさんありながら、育林し成木になっても収入にならないために、山の手入れが出来なくなり、山が荒れることに無し、土砂崩れや地山・治水機能の低下を防ぐために、今度は税金で補助し、山の荒廃を防止しているのです。それで世界から付けられているあだ名は、「世界のきくい虫」「環境テロリスト」です。何かおかしくありませんか。自国の有り余る資源をみんなで使ってあげることにより、解決することなのです。

集成材は、「強い」「強度数値が読める」「狂わない」と、いって宣伝していますが、果たしてそうでしょうか。「強い」とPRしていますが、「強いのではなく、強度にバラツキがない」ということなのです。今一番使われている、「ホワイトウッドの集成材」は、卒塔婆に使われる「トウヒ」という木材です。無垢材の時の構造強度は弱く、下地材としての評価の木材です。テストに例えると、50点以下の平均点は、それ以下で、いくら欠点部分を除去し他としてもそれ以上になることはないのです。彼らがPRとして使用する「強い」は、同じ木材の無垢材と比べて、「強度が安定している」ということで、強度のある樹種と比べてではないのです。

また、集成材の問題は、「貼ったモノは剥がれるのでは?」の心配があります。この問題に着いては、「是対、剥がれない」と云っていたのですが、ヨーロッパ(ドイツ)からや中国からの集成材に剥離事故が発生し、問題になってきています。私たちは、集成材を頭から否定するのではなく、スポーツドームや体育館を木造で造るのならいざ知らず、一般の消費者が命を担保にして造る「住宅建築」には、「国内で育った国産材の無垢材」を使うべきです。

産地や林業家が見えるか?

産地直送方式で産地の人たちと連携しています。

宮城県産直住宅推進協会のメンバーとして、産地の顔の見える家づくりを実践しています。木材の複雑な流通を簡略化した、産地直送方式で流通マージンをカットし、建築主の声が山側に反映することが出来、また、カットされた流通経費をユーザーに還元することが出来、産地の生産者と都市の建築主が良い身近な存在として意識できる建築法です。都市側の人達も木材を使うことにより、家づくりに使った木材の山側に反映される実感が感じられるのです。

乾燥材かグリーン材か?

構造材は全て乾燥材です。

木材は乾燥することによって、初めて建築材料としての優れた才能を発揮することができます。木材を建築材料として購入するときに、乾燥材(KD材)にしますか、あるいはグリーン材にしますかと、プロの間では必ず聞かれたり、指定をします。

家づくりで、クレームの多くは乾燥の不十分な木材を使うことによって発生していることが多いのです。昔のように家づくりに1年位の工期を設け、乾燥時間をかけられることが少なくなり、都市部の家づくりは、ますます工期が短くなってきています。

建築工法の変化、建築工期の短縮、高断熱、高気密住宅の普及、推進、木材などの自然素材に関してのユーザーの知識不足などがあり、建築現場においては、トラブルや施工後のクレームが少ない品質の安定した木材使用が大変重要になってきています。

乾燥材のメリット

寸法や形が変わりません。
十分に乾燥した木材は、保管や使用過程でほとんど寸法が変わったり狂ったりすることがありません。従って、乾燥材は部材の品質管理の点からも評価されています。
クレームが少なくなります。
グリーン材(未乾燥材)使用によるクレームには、壁の隙間、立て付けの不良。クロスや壁紙の切れ、シワの発生。床鳴り、タイルの目地切れや割れの発生などがありますが、こうしたクレームを大幅に減らすことが出来ます。
都市型の工期の短い家づくりが可能になります。
グリーン材を使って建築した場合は、骨組みが終わってから相当期間自然乾燥が必要になります。乾燥材を使用すれば、工期を大幅に短縮することになり、さらに施工のトラブル、クレームが少なくなり、防ぐことも出来ます。
乾燥すると木材は強くなります。
木材は、含水率が約30%以下になると、乾燥するほどに強くなります。
腐れやカビの発生を防ぎます。
木材の腐朽やカビの発生を防ぎ、いつまでも長く使うためには、常に乾いた状態を保つことが必要です。
乾燥すると軽くなり、輸送、木材の取り扱いが楽になります。
グリーン材は、水分のため非常に重く、木材そのものの重さと同じか、それ以上の水分が含まれていることも珍しくありません。輸送コストばかりではなく、労働安全上もトラックの積載重量を守るためにも乾燥は大切です。

木材は、トレーサビリティのように生産地がはっきりした木材を使用することはもちろんですが、性能のはっきりした木材でなければ使いにくくなってきています。日本の在来軸組み工法で使用され、木材の木組みの美や、木材の木目の美しさをも現す日本独特の建築では、木材の見た目は大変重要ですが、それだけでなく、乾燥という木材を材料として使用する上での最低条件も必要なのです。

通し柱4.5寸角(13.5cm)、
管柱4.0寸角(12.0cm)が標準です。

輸入材や集成材は使用しません。産地の明確な国産材です。

住宅金融公庫の「高耐久性タイプ」の基準では、通し柱の隅13.5cm(=4.5寸角)以上・他の管柱は12cm以上の太さが求められる。私共では、この基準以上の構造材の家づくりです。コーナーや、主要部、家の中心などにくる通し柱は、国産材の13.5㎝、自然丸太を採用。

大壁式か真壁式か?

建築主のライフスタイルに合わせてどちらも可能です。

外壁に骨組みである柱をあらわにした真壁式と、土蔵造りのように、壁で柱を覆い隠してしまう大壁式の2つがある。現在は防火および建築基準法上、大壁式が主流だが、純和風や数寄屋造り・民家づくりの味わいを求めて真壁式にしたり、防災上、真壁式が許可にならない地域でも、その独特の日本的美しさから、真壁風に外壁から化粧柱・梁・桁などを打ち付けて真壁風に見せた造りも見られる。最近は、木の温もりがある真壁式も見直されてきている。

長ホゾ+込み栓

梁、柱、土台の接続は?

昔ながらの長ホゾ+込み栓が基本です。

縦材の柱と横架材の梁や胴差し、土台などを接合するには、昔ながらの「ホゾ」などの大工の知恵と技が基本です。スズキ建築設計事務所では、プレカット工場で1工程増やして、込み栓用の穴加工をお願いしています。先人の知恵と工夫と経験から受け継がれてきた「長ホゾ+込み栓」をかたくなに守り続けて、全ての家に採用しています。

建築基準法で定められている、ホールダウン金物の施工も併用し、構造強度はもちろん地震に強い安心の家づくりが大切です。

プレカット工場

プレカットは?

国産材に精通したプレカット協同組合です。

丸太梁、タイコ梁、登り梁、化粧桁、多角形、合唱と熟練した大工さんと同じくらいの木材加工、刻みができます。私たちは、特別に頼んで、柱は長いホゾ(H-75)と込栓(樫・丸スパイラル18㎜)で、地震に強く安心です。地震に強いながホゾ+込み栓を見直しませんか。日本は地震列島です。

高度なプレカット

また、木と木の組み合わせはリサイクル・リユース時にプレカットは、どこの業者も同じと思っていませんか。取り組み方で全く違います。私共と取り組んでいる「都城地区プレカット協同組合」は、国産材に精通し、木を魅せ、活かした構造を魅せることに積極的です。一般的には、短ホゾですが、私たちは長いホゾを採用。横架材の幅は全て4寸(荒挽き120㎜・モルダー仕上げ118㎜)です。丸太・タイコ梁・化粧丸桁も、工場でプレカットして、現場に搬入されます。柱・梁・その他の構造材は、施工精度、仕上がり精度の向上の為、四面モルダー掛けで納入されます5寸平角・5寸角柱も加工できます。手加工と機械加工のコラボレーションで、自然丸太やタイコ梁、ナグリ加工、古材との組み合わせも出来ます。