知識の泉

ビニールクロスの健康被害

塩化ビニールの壁紙

現在、どの住まいにも、必ずと言っていい程に使用されているビニールクロス。このビニールクロスの危険性・有害性をご存じの方は、実際には少ないかもしれません。国土の70%近くが森林である日本。森林国でありながら、壁紙の内、塩化ビニールのビニールクロスを95%も使用しているのは、世界先進国の中でも日本だけだそうです。ビニールクロスの壁は呼吸をしないため、結露が発生し、冬場は暖房でカビが発生します。その発生したカビの胞子は、室内に漂い、喘息やアレルギーの原因となります。

ビニールクロスの特性

ビニールクロスは、熱分解すると、塩酸やダイオキシンのような有害な有機塩素化合物のガスを大量に生成するため、もしもの火災時には非常に危険です。更に、ポリ塩化ビニールは、製造、使用、廃棄の過程でも、環境や人体に問題を起こしています。製造工程では、発ガン性があるとも言われる塩素ガスが大量に使用され、又、熱分解により、酸性雨の原因となる塩素ガスを発生するのです。最近では、酸性雨によるものと見られる森林の立ち枯れや、講演のブロンズ像・大理石等の被害も多くなってきています。また、その他にも、ビニール製品には、生殖毒性や発ガン物質を持つ成形加工性を改良し、柔軟性をもたせる可逆性が20~50%も含まれています。

ポリ塩化ビニールの加工の際には、変色や熱分解を防止するために、神経毒性を有する鉛を含む安定剤や、イタイイタイ病の原因物質でもあるカドミウムを含む安定剤を添加した製品もあり、注意が必要です。また、ビニール壁紙を貼る際には、下地調整剤として、シーラー、パテ、コーキング剤、接着剤、防カビ剤等を使用していますが、それらがどれだけ安全かという疑問も残ります。ものによっては、ホルムアルデヒドを室内に放出し、火災や焼却によっては、ケタはずれに強い致死量を持つダイオキシンを発生させます。

ホルムアルデヒドは致死量以下でも、体内にはいると肝臓障害や皮膚障害、免疫障害、奇形の発生、生殖障害などの様々な毒性を示すのです。1984年、厚生省では、ダイオキシンの暫定的な安全評価基準を1日あたり100pg/kg(体重)に設定していますが、ヨーロッパ諸国では、1~5pg/㎏、アメリカでは更にそれ以下であり、日本では、許容量ギリギリのレベルである摂取量の厳しい規制と、発生源の除去が大きな課題でしょう。ドイツ・ベルリン市では、ポリ塩化ビニール等の火災時や焼却処理時に払う、環境汚染に対するコストを「隠れたコスト」であるとして、公共建築での使用を禁止しています。

では、日本はどうでしょう?

日本では、園児が過ごす保育園をはじめ、幼稚園、学校、それどころか病を治すはずの病院でさえも、床は塩化ビニール製のシート材、壁はビニールクロス、あるいは有機溶剤を使用したペイント塗装、天井もビニールクロスといった公共建築が、至る所にあるのが現状です。いくら価格が安いといっても、火災時などに吹き散らされるダイオキシンの回収費用や、リサイクルできない製品の廃棄処分費用を考えると、最も高いものとなることは明らかです。

日本の住宅の建て替えサイクルは、15~16年といわれていますが、まず、莫大なお金をかけて建てた住まいが、ローン期間の25~30年という歳月よりも、はるかに短いことに驚かされます。そして、短い期間で次々に立て替えざるを得ない住まいから出る、土に還ることのない素材「ポリ塩化ビニール」は、莫大な量の生産廃棄物となって、やがては、日本中を埋め尽くすこととなるでしょう。自分達で犯した過ちは、自分達に返ってきます。私たちは自分の子供や、孫の時代に与える影響の大きさを想像し、考えなければいけません。私たちは、人間という動物。化学物質に強い生き物ではありません。

だから、スズキ建築設計事務所では、月桃紙、越前和紙・玉紙、自然素材クロスなど、非塩ビ、脱石油化学の壁紙・クロスを自信をもってお薦めします。